スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月22日~27日 『2006 UCI MOUNTAIN BIKE & TRIALS WORLD CHAMPIONSHIPS』
がRotoruaで開催されていました。
CIMG1601.jpg

マウンテンバイクの世界大会です!
今まで世界大会を生で見たことのない私。
しかも近日まで、Rotoruaでそんな世界大会があるなんて知らなかった。。。
オープニングセレモニー。世界各国の国旗。
おぉ~。世界大会なんだなぁ。・・・にしては人が少ない
この日は霰交じりの天気で寒かったけど・・・にしても人が少ない
まぁ、間近で見られるからいいけど。
日本代表選手に接近!写真を撮らしてもらいました。
CIMG1606.jpg




8月25日(金) 4X 決勝 
残念ながら日本人選手は決勝に残っていませんでした。
それがこのコース。
CIMG1593.jpg

CIMG1589.jpg

日頃は牛や馬がいるところにコースを作っています。
4人で一気にスタートし順位を競います。
凹凸の激しいコース。そして、垂直の壁を使う部分もあります。
CIMG1592.jpg

試合自体は1時間くらいしかなかったのですが、練習から見に行きました。
練習だけでも大興奮!!!
こんなに凹凸の激しいコースをあんなスピードで駆け下りて行くなんて。
めっちゃ飛んでるし!!!あれはホンマに飛んでたな。
CIMG1591.jpg

CIMG1590.jpg


選手同士の衝突はあまりなかったようだけど、
難しいコースなんだろうなぁ。
4人のうち1人はだいたいこけていた。
スピードあふれる試合。興奮したわ~


8月27日(日)CROSS-COUNTRY 
朝はBBHのクリーニングをやっていたので、残念ながら午後の男子だけ。
今回のCROSS-COUNTRYは距離41.30km。
下り坂、上り坂、でこぼこ道、道じゃない道を2時間以上かけて走ります。
日本人選手も3人参加していました。
最初は頂上付近で応援していたのですが、その後上り坂付近へ移動。
上り坂の方が応援のしがいがあった。
すっごくしんどい競技だよな。
坂道では自転車を押している人もいれば、乗っている人もいた。
でも、乗っている人がほとんど。
しかもギアは『重・中・軽』の『中』。すげーよ。
これがトップグループの選手。ヨーロッパ勢が強かった。
CIMG1599.jpg


NZの応援団たちは応援することをとても楽しんでいた。
ラジカセを持ってきて曲をガンガン流して。(発電機付。)
打楽器を持ってきて演奏して。(これはブラジル人らしい。)
空気継ぎが必要なホーンも持ってきて。(空気継ぎ付。結構でかい。)
お約束のようにこんな人もいましたよ。スーパーマン
CIMG1598.jpg

NZの選手が現れたら、みんなすっごく応援していた。

そして日本人選手にも私たちと一緒になってエールを送ってくれた。
↓↓↓TAKEYA Kenji ( JPN )
CIMG1600.jpg

「ガンバレー!!ガンバレー!!って日本語で。Thank u!
おかげで応援がすごく楽しめました。

日本人選手は残念ながら周回遅れになったので、最後までレースをすることができなかった。
結果はコチラ

トップの選手はかなり速いらしい。

競技が終わって帰ろうとしたら。。。
「応援ありがとうございました!」
日本代表選手が声をかけてきてくれました。
すごくうれしかった。
・・・なんていうのかな。
応援していた私たちを覚えていて、声をかけてきてくれたことももちろんうれしかったんだけど、
代表選手っていったら、ちょっと鼻高々になっている感じがしていた。
私の勝手なイメージかもしれないけど。
でも、こういう姿勢を持っているんだなっていうのがすごくうれしかった。
いつになっても忘れたらいけない心だと思う。謙虚さというか、感謝する気持ちというか。
そして一緒に写真も撮ってくださいました。
わざわざユニフォーム姿になって。
本当にありがとうございました。


生で観る初めての世界大会。
規模としては小さい。だってレース当日に待たずにチケットが買えちゃうんだもん。
だけど、そのおかげでより近くで観戦することができた。
海外で日本代表チームを応援できた。
そして選手からのうれしい一言。

これまたいい思い出ができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://zunzun75728.blog47.fc2.com/tb.php/63-2708a736
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。