スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
in NORTHLAND #1    10/30/2006
AUCKLANDには、ヘアーカット、emailのために行きました。
6ヶ月伸びきった髪。
やっと切れたわ!!
シャンプーするときの喜びがたまらん
NZ人にカットしてもらうのは少し勇気がいるので、
日本人ヘアスタイリストがたくさんいるAUCKLANDへと来たわけです。

やっぱり都会は苦手だぁ。
特に、運転。。。よくわからんわぁ~。
NZに来て、駐車代を払わないといけないっていうのが、
とてももったいなく思える今日この頃。
そして、人が多いぃ。。。
この感覚で日本に帰ったら、街中を歩くのすごく疲れるんじゃないかと思う。

でも、ここにもいいところがあると思う。
日本に帰る前に、もう少しAUCKLANDを探索しようかな。
SKY TOWER
CIMG2387.jpg


そして、北のてっぺん目指して、NORTHLAND入り~。

in NORTHLAND  17~28/OCT


in WHANGAREI
NORTHLANDで一番大きな街です。
AUCKLANDを過ぎると田舎かと思っていたら、結構大きな街でした。
ウォーキングコースがいくつかあります。
川沿いのゆったりとしたコース。
CIMG2410.jpg

Whangarei falls
CIMG2392.jpg


山?丘?のコースに行くと、街を見渡すことができます。
このコースは木々が生い茂っていました。
なかなか面白かったです。
CIMG2412.jpg



その後、アートミュージアムへと行きました。
NORTHLANDはマオリ文化が色濃く残る場所でもあります。
とてもこじんまりとしていて、すごくかわいらしいマオリアート。
CIMG2429.jpg


一通り見た後、受付の人と少し話をしました。
アートのこととか、今までの私の旅のこととか。

そしたら、なんと!!
その受付のMatildaが夕食に招待してくれたのです!!
私のことを気に入った!とか言って。

彼女は20歳近く年上のパートナーと11年間一緒に住んでいます。
彼が作ってくれたスープはとてもおいしかったぁ~。
彼はWHANGAREIの議員をしていたそうです。
まぁ、そんな方にお会いできるだなんてっ!

Matildaは以前教師をしていたそうです。
そのことでもまた会話が弾み。

最初は、アートミュージアムが見つけられなくて、行くのをやめようかと思っていたのですが。。。
こんな出逢いもあるんですね。
いい出逢いに恵まれているなぁっと本当に感謝。



in PAIHIA & WAITANGI
HAHEIで出逢ったドイツ人が、ここ発の24時間クルーズを勧めてくれました。
カヤック・トレッキング・フィッシング・ドルフィンクルーズ、シーフードBBQ etc...
内容・値段を見てもとても良かったので、「行こう!!」と思っていました。
天気によって風景がぜんぜん違うから、最高の天気のときに行きたかったんだけど、
残念ながら天候が優れず、3連休で(10/23が『勤労感謝の日』みたいなの)
人も盛りだくさんになってきた。
泳ぐにはまだ寒し、11月5日くらいまでには南島入りをしたいので、
またの機会に行きたいと思います。
(またの機会があるかどうか分からないけど。。。)

クルーズの代わりと言ってはなんですが、
ワイタンギ条約グラウンドというところに行ってきました。
『ワイタンギ条約』について知りたい人はコチラ↓↓↓

★★★★★★★★★こどもでも分かる NZマメ知識★★★★★★★★★
NZにはもともと人が住んでいませんでした。
動物だけだったの。
ところがどっこい、およそ1000年前。
南太平洋のポリネシア方面から人々がカヌーに乗ってやってきました。
彼らは星の位置や、風、波の向きからNZを探し当てたのよ。
そう。
その彼らこそ、NZの先住民である『マオリ』。
つい最近、マオリとアジア人のDNAが似ているということが発見されました。
だからかしら?
彼らの顔立ちは私たちアジア人に似ている部分があるのよね。

そして1769年。
イギリス人ジェームス・クックがNZにやって来て、NZの地図を作ったの。
それから鯨やアザラシの毛皮、豊富な木材、特にカウリの大木を求めて、
たくさんのヨーロッパ人がNZにやってくるようになりました。
そしてイギリス人はNZに移り住む計画を立て始めました。

だけど、、、考えてみて。
先にNZにいたマオリはいい気分にはならないよね。
そこでケンカにならないために結ばれたのが 『ワイタンギ条約』。
NZをイギリスの国の一部(植民地)にすることを約束したもの。
イギリス女王がNZの主権を持つ代わりとして、
マオリが土地や森林、漁区場など重要な財産を所有する権利、
イギリス人と同じ権利と特権も認められたのよ。
そして、マオリの土地を買うことができるのはイギリス女王のみ。
これがこの条約の内容。

もうちょっとNZの歴史について知りたい人は続きをどうぞ。

条約が結ばれた後、イギリス人が一気に増え、もっと土地が必要になったの。
だけど、マオリの人々は簡単に売りたくなかった。
ついにイギリス人は兵力でそれを取り上げようとした。

そう。
マオリとイギリス軍で戦争が始まっちゃったのね。。。
12年続いた戦争も、マオリの敗北で幕を閉じました。

19世紀後半になって鉄道や電話、郵便などがきちんとしてきて
国としての形ができてきました。
そして、1865年、オークランドからウェリントンに首都が移されました。
これを機に、本格的な政党政治が始まったのです。

★★★★★★★★★THE END★★★★★★★★★



え~、話は元に戻りまして。
ワイタンギ条約グラウンドの写真です。
マオリ集会場
CIMG2450.jpg

とても細やかで力強い彫刻がすべてに施されています。
ひとつひとつの柱。
そしてひとつひとつの屋根、壁。
本当におしゃれなんだな。
各部族の集会所そのものが、先祖を象徴しているそうです。
屋根の先端部は先祖の頭部、屋根の棟部は背骨、破風板は腕、
そして室内のたるきが肋骨、装飾品は胸部。
そういわれてみると、そう見えるような気もするカナ。。。

カヌーハウス
CIMG2459.jpg

長さ約35m、80人乗り。
ながっっっつつ!!
これまたすべてにマオリの彫刻があるのね。
CIMG2460.jpg

光っている目は貝殻をつかっています。

説明文はすべて英語。日本語の説明文書もくれた。
けどもっと英語力がほしいわ。。。
そうしたら、もっと興味深く見学することができるんだろうな。
のんびりとした場所で歴史あるマオリの文化にも触れることができ、
なかなか良い場所でした。

in KAHOE
NZ入りして6ヶ月!記念日はここで迎えました。
とてもかわいらしいバッパーです。
3連休ということもあり、人里はなれたKAHOE FARMにてのんびりと。
牧草地にあるトレッキングコースにも行ってきました。
そして、ここの農場の動物たちです。
CIMG2497.jpg

CIMG2508.jpg



in KERIKERI
KAHOEからKAITAIYAに向かう間に立ち寄りました。
で、Kerikeri River沿いにあるRainbow Falls Trackを歩きました。
これまた、たくさんのbushに覆われていて、ジャングルのよう。
でも、コースはきちんと整っています。
NZにてたくさんの滝を見てきましたが、この滝はなかなかお気に入り。
27mの高さ。
開けた滝つぼへと落ちていく水。
CIMG2477.jpg

CIMG2485.jpg

チョコレート工場にもいきましたが、お値段が張っているため、
試食だけ~。


in KAITAIYA
ここでの目的は、なんといっても、Cape Reinga & 90 Mile Beach
NZの本土最北端のようになっているけど、
実際はここから東に約30km離れたSURVILLE CLIFFSがてっぺんなんだって。

朝、小雨交じり。
でも、Cape Reingaに着いて、昼ごはんを食べ終わると、
太陽が
しかし、バス出発まで残り10分。。。
ダッシュでもう一度、岬までいってきました。
レインガ岬
CIMG2550.jpg

右側(深い青色)が太平洋、左側(鮮やかな青色)がタズマン海。
ぶつかりあっているのが分かるでしょうか?
CIMG2546.jpg

ここから東京までは8475km
CIMG2531.jpg



そしてSand bord
CIMG2557.jpg

いままで見たことのない景色。
多分、鳥取砂丘とかと似てるんだと思う。
っつっても、鳥取砂丘に行ったことないんだけど。。。
めっちゃキメが細かい砂。小麦粉みたい。
その砂の上をソリにのって滑るのがsand bord。
結構なスピードです。
滑るためにはもちろん自力で砂山を登らなくてはならず。
上るのがつかれる。
しかもこけまくって。。。
耳、鼻、口のなかまで砂まみれになりました。
よき思い出だ。


そして90mile beach
CIMG2561.jpg

『果てしない』とはこのことですね。
本当は90mileもないらしいんだけど。
バスがビーチの上を走ります。
・・・果てしないわぁ。


ちなみにKAITAIYAからのレンガ岬ツアーが一番安いです。$40

NZに来る前から、「ここには絶対にいく!」って思っていた場所。
いざ来て見ると、本の中、写真の中にいるような。自分がこの場所に本当にいるのだろうか?
という感覚になりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://zunzun75728.blog47.fc2.com/tb.php/71-fd8f1467
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。