スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Milford Track, Kepler Track    01/29/2007
AkiyoのPCで書き溜めていたのを、ついでに更新しておきます~。

5つのTramping。
どれもそれぞれに味があり、素敵な景色に囲まれていたけど、
1番印象深いのはMilford Trackかな。



Milford Track :53.5km  11/29~12/2 

初めての泊りがけのトレッキング。
入山制限されている。ボートでしかアクセスできない。
4日間、みんなが同じHUTで過ごす。
というのが、特別意識を高めているのかなぁ と思います。
しかも半年前くらいから予約など準備を進めていて、
私の中でビッグイベントのひとつ。
景色も1日1日変わり、「世界一美しい散歩道」と言われているのが頷けるなぁ。
山々のどこからも何百という糸のような繊細な滝が流れていて、
1級品の苔、百貨店で言ったら高級コーナーに置かれていそうな、、、
そんな苔に覆われている世界。
『もののけ姫』 ですね。
Mil1.jpg

Mil2.jpg

3日目には1073mまで登り、景色は一変し雪の世界。
この日と、最終日は天候にも恵まれ、素敵な世界を写真に収めることができました。
Mil3.jpg

Mil4.jpg

Mil5.jpg


3泊4日のトレッキングを終えて、まず欲したものはシャワー。
気持ちよかったぁ~。
トレッキング後、MILFORDに1泊しましたが、一緒に歩いた人も何人か宿泊していました。
4日間をともに過ごし、やはり仲間意識が芽生える。
この日にMilfordにいってよかったなぁって思える人にも出逢うことができて。
やっぱり、私の中でスペシャルなTrack。

私たちはガイド付きではなく、自分たちで食料、鍋などを運びました。
費用はHut代は1泊$40、ボート、Te Anauへのリターンバスを含めて$240くらい。
ガイド付きだとこれの8倍くらい費用。

ここのTrackは半年前くらいからの予約をお勧めします。
予約してないけど、どうしても行きたいの!と言う人は、
DOC(山の情報センター)に直接行って、キャンセル待ちにトライするのも手です。
キャンセル待ちで行って、しかも3日間も天候に恵まれたという
とってもラッキーな人もいたから。


Keplar Track :50.5km  12/5~12/7
まだMilfod Trackの余韻が残るままスタートしたKeplar。
1日目のLuxmore Hut(1085m)のロケーションがとにかく素敵。
森林限界。
1年間で最低1ヶ月間10℃以上の日が続かないと植物が育たない。
そんなところにありました。
Hutのバルコニーからの景色。
Kep3.jpg

そして2日目。朝日をみました。
Kep2.jpg

山の尾根をず~っと歩きました。
Kep5.jpg

Kep6.jpg


なんだか万里の長城への道のよう。
って、行ったことないんですけど。
細くって、長くって。
天気に恵まれていたからいいものの、一歩間違えばまっさかさま。
中森明菜の「ディザイヤ」が本日のテーマ曲。
だけど、景色は絶品。
kep4.jpg

山の尾根をひたすら歩いた後は、ジグザグの下り、下り、下り・・・。
結構、足にきた。
本日の高低差、約1000m。
Up&Downも豊富で、確かにMilfordに比べるとハードなのかな。
だけど、Trackに石がゴロゴロしていることはほとんどなく、とても整備されていました。
長いDown Hillの後はIris Burn Waterfallを見に行きました。
Kep7.jpg

3日目は、平坦・・・と思いきや、ちょっとUp&Downがあった。
だけど、前日に比べるととても楽でした。
ブッシュの中をひたすら歩いて。
Lake Manapouriにたどり着き。
Kep9.jpg


Kepler Trackはサークル状になっているけど、
私たちはRainbow Reachというところで終了しました。
1周を2泊3日で行おうと思えば、不可能ではないけれど、
かなりきつい。最終日に9~10時間歩かないといけないから。
3泊4日にするとHut代$40が追加。
と、いうことで残り9.5kmを残して終了しました。

ここのTrackの印象は・・・「まっさかさま」だな。(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://zunzun75728.blog47.fc2.com/tb.php/80-f33b1d28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。