スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
in KAIKOURA    03/21/2007
サマータイム(NZではデイライトサービスといいます)が、
先週の日曜日に終わりました。
10月1日に人生初のサマータイムを経験し、
1時間失ったような気がしていたけど、
取り返したぞ~~~~!

しかし。

いまだにサマータイム感覚から抜け出せない。
以前だったら10:00pmなのに、今は9:00pmになっているわけデス。
ということで、9:00pmには眠たくなってしまう、なんて健康的な私。
Bobに
「いっつもあくびばっかりして」
と言われ、
「だって、本当なら10:00pmなんだもん。。。」
と言ってるけど、
本当の時間はサマータイムなのか、
それともサマータイムが終わった今なのか。。。


さてさて。
時間もたっぷりあることだし、旅を振り返っていきたいと思います。
in KAIKOURA   16~18th/FEB
kaikoura2.jpg

ここでは・・・・

イルカと泳いだぞ~~~~~

i-site(インフォメーションセンター)に予約しにいったら、
「4,5日後まで予約でいっぱい」  ガビーン
と言われ、半ばあきらめていたんだけど、
幸運にかけて、一応キャンセル待ちを申し込んだ。
ちなみに、Dolphin swimができる会社はKAIKOURAに
“Encounter” 、1つしかない。

あきらめて、NELSONへ旅立とうと思っていた矢先、、、

1本のTELが!!!


もちのろん
大・興・奮

もうルンルン
私ってなんて幸運の持ち主なのかしら
でもよく考えてみると、
結構簡単にキャンセル待ちをゲットできるんじゃないか。。。
とも思う。

あくまでこれは私の推測だけど、
多分、アクティビティー込みのバスツアーとかが、
席を確保しているんだと思うんだよね。
で、お客さんでやりたい人がいなかったら、
キャンセル待ちに回ってくる・・・と。
そんな気がするな。
なので、あきらめずにぜひキャンセル待ちにトライするべし!!

スイミングスーツ(もちろん貸してくれる)に身を包み、
バスに乗り込み
ボートへ乗り換え
いざ出発!!

ここで見られるイルカはDusky Dolphinといって、
Akaroaで見たHector’s Dolphinよりも活動的で、フレンドリー。
「自己アピールして、イルカと仲良くなるぞ!」
と、フォーンという入水の合図と共に意気込んでいったものの。。。


スノーケリング初挑戦の私。

・・・見事に敗北。。。

だってぇ~、、、
どうやってうまく使うのか分からないし。。。
しかも水が冷たい。。。

しかし!このまま終わってなるものか!
水に深くもぐりこんだり、高度(?)な技はできないけど、
歌うことならできるわ!

ということで。

「ド・ド・ド~ルフィ~~~ン
ドルフィンのmyテーマソング。

さっきよりたくさんのイルカたち。
チャンス到来。 キラーン

正確に言えば一緒に泳いだというよりも
イルカが側を泳いでいった・・・でしょうか。

でも、片腕の範囲を何頭ものイルカが通りすぎていくの。
kaikoura3.jpg

イルカの群れを見つけては、
海に入り、ボートに戻りを幾度か繰り返して、
Dolphin swim終了~~~。

最後のほうは結構疲れてたな。。。

その後、一番でっかいイルカの群れと遭遇。
kaikoura4.jpg

なんだよ。
ここで泳がさしてくれればいいのにぃ。

ダイナミックなジャンプしたり、ボートに近寄ってきたり。
めっちゃ愛嬌がある。


またまた心底イルカに惚れました


Encounterに戻り、土産コーナーで、
イルカのぬいぐるみを買いました。
ディズニーランドに行って、
ミッキーの手や耳とかを買っちゃうのと同じ傾向。。。?
後々考えてみるといらないんだけど
その場のファンタジックな雰囲気にのまれて買っちゃった  みたいな。


海沿いのwalking Track歩いてて、
ペンギンにも遭遇しました。
kaikoura1.jpg
一人ぼっちでずっと立っていた。

ちなみにKAIKOURAはマオリ語で
「食べる・クレイフィッシュ」 という意味。
それなら、やはりそれに従わねば・・・ね。
はい。コレ食べちゃった。
kaikoura5.jpg
クレイフィッシュは伊勢海老みたいなの。
$34!約2,400円也。安っっ!
かぶりついていただきました。
ゴチです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://zunzun75728.blog47.fc2.com/tb.php/87-36f1d03c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。