スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Heaphy Track #2    07/02/2007
今日はザーザー降り
雨だと家でゆっくりしていてもいい気がして
けっこう好きだったりします。
いい天気だと、「外に出ないともったいないなぁ~」
って思うから。


さて、それではHeaphyの続きです。

2日目は、平原を27km、6時間半歩きました。
平坦といえども、結構つかれたな。

そして3日目は、このTrackでもっとも楽しい日
昨夜泊まったJames Mackay Hutは海抜750mに位置している。
それを一気に海抜0mまで下る。
そして、西海岸、タズマン海までたどり着く。
このTrackのメインイベント

この日は、Hutで一緒になったBeckyというKIWIの女性と途中まで歩いた。
彼女は何歳だろう・・・。
多分、、、60歳くらいかな。
私たちと同じ大きさのバックパックを背負って、
膝にはテーピングを巻いて。
すごいよなぁ~。
彼女には植物の名前を教えてもらいながら、歩いた。
s-CIMG5296.jpg
標高の高いとこから低いとこへ。
植物の種類が変わっていく。
幹も太くなって、葉もでっかくなって。
本当に南国のようだ。
っていうか、
『太古の森(?)』
みたいに巨大な植物がわんさか。
s-CIMG5302.jpg


つり橋をわたって・・・
s-CIMG5298.jpg




・・・タズマン海は、もうすぐ






う、

う、



うみだぁ~~~~~~!!!!!!!!!!!!。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。



s-CIMG5319.jpg





いやぁ~、、、
このときほど海が見えて嬉しかった瞬間はないですね。
Heaphy Hut
s-CIMG5323.jpg
このHutは海に面していて、ロケーションもよく、
西海岸側から1泊2日だけで訪れる人もいるらしい。

が。

ここまで、60kmの道のりがあったからこそ、
この海が見えたときの価値が出てくるのだと思います。

Heaphy Trackを楽しみたいなら、
絶対に東側から歩くべし!!


ゆっくり海岸を楽しみました。
s-CIMG5339.jpg
河口あたりで泳いでいる人もいた。
夕日。
s-CIMG5349.jpg
この日は強風で、いつもなら何万といるサンドフライがあまりいなかった。
ので、Hutのそばにあるベンチに座ってゆっくり眺めました。
めっちゃラッキー

まるで南の島にいるよう。。。




最終日、4日目です。
Hutで一緒になって、Nelsonまで車で乗せていってくれることになった
ドイツ人のKatharinaと一緒に歩きました。
s-CIMG5372.jpg
4日目は、とにかく海岸沿い。
昨日、海が見えた感動もどこへやら。


「もういいよぉ。。。海、見飽きた。。。( ´△`)」


ってなくらい、海岸沿い。(笑)


でも、たまにこんな石がゴロゴロしていたり、
s-CIMG5377.jpg

でっかいヤシの木みたいなのにつかまってみたり、
s-CIMG5395.jpg

だけど、やっぱり海外沿いだったり。
s-CIMG5404.jpg



いやぁ~、彼女と歩くのは楽しかったなぁ~。
お互い英語がまだまだで、
たった一つの単語を説明し、理解しあうのに15分くらいを費やして。
確かに他のドイツ人に比べると彼女の英語は劣っている。
もっと自信を持ってゆっくり話せばいいのに、
早口で言うからますます分からない。。。
でも、明るくていろいろと気を使ってくれて
ステキな人だった

この日西海岸から歩き始めた人や一日だけのTrampingの人。
すれ違うたび、フレッシュなかほり。。。
3日間風呂なし生活の私たちからは、
一体どんなにおいが放たれているのかしら・・・


ゴール400m手前のつり橋にやっとこさ到着~。
s-CIMG5414.jpg

16.5km、約5時間かけて歩きました~。
最終日もなかなか長かったぞぉ。。。



Heaphy Trackは、とにかく長い!
初心者向けとは言われているけど、
泊りがけ初Trampingの人には、かなりきつかったみたい。
3泊4日で予定していたけど、もう歩けなくて
4泊5日に変更したKIWIカップルもいた。

とにかく平坦。・・・に感じた。
なんかさ、こう、
急な坂のばっかりで平坦な道が現れると

「ぉお!!平坦!!!ありがとう!!!

ってそれをありがたく感じるんだけど、
ず~~~~~~っと平坦ばっかりじゃあねぇ。。。
・・・ちょっとつまらないカナ。

だけど、確かに1日1日の景色は変わっていた。
それは興味深かった。
特に3日目は楽しかったね


初めての1人Tramping。
荷物は今までより重いし、
話す相手もすぐそばにいないし、
特に初日は寂しかった。
Track自体もつまらなかったし。。。

だけど、TrackやHutで新しい出逢いがあり、
そこで出逢った人と一緒に歩いたり、
なかなか楽しかったデス


あ。
あと情報として。
私が泊まったのは、
①Pretty Saddle Hut
②James Mackay Hut
③Heaphy Hut
ですが、この3つのHutにはいくつかの鍋が置いてありました。(2007年、2月)
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://zunzun75728.blog47.fc2.com/tb.php/95-feab5aa3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。